HOME
講師になる
講師との相性
講師選び
学習方法

ネイティブ講師による生の英語を勉強することが必要

もしあなたが高校生で、今回初めてネイティブの語学教師から英語を学ぶとしましょう。最初の授業でその教師が話した内容は聴き取れたでしょうか。聴き取れた人は大いに幸運です。それは中学までに正確な発音で英語の指導を受けていたからです。しかし多くの人は、ほとんど何も聴き取れない状態ではないでしょうか。その場合はそれまでの英語講師の発音が不完全だったことによります。
とはいえ英語と日本語には、共通する音があまりありません。したがって早くからきちんとした発音で勉強しないと、努力しても正しい発音が出来ません。また発音が正しく出来ないと、相手のいうことが全く聴き取れない事態になります。もちろん難関の大学受験で英語で合格点を採ることは出来るでしょう。しかし発音が悪いのでその後は英語嫌いになり、さらにコンプレックスになるのです。
ネイティブの講師から語学の指導を受けると、これまで見たように発音の点で大きなアドバンテージがあります。
また文字通り生きた英語を学ぶことも出来ます。例えば、
「It goes without saying that Autumn is the best season to study. 」
「There is no reason to say that Autumn is the best season to study.」
という2例について、前者は日本では英文法・英作文の定番で、その言い換えが後者です。しかし前者の表現は全く知らないと言うネイティブもいます。その人に教養がない訳ではなく、想像しても意味が分からない、というのです。従って日本ではもやは死後になっている英語を学んでいる可能性があり、その対策としてはネイティブ講師による生の英語を勉強することが必要になってきます。

  楽しく学ぼう英会話 All Rights Reserved.